プロジェクト管理

アジャイル

要件?要求?揺れる用語を整理する

要求なのか、要件なのか?「要件を詰めましょう」「要件定義をしましょう」「要求管理どうしてる?」といったようにソフトウェア開発の現場では要件や要求が飛び交います。現場では関係者間での共通認識を持つことが非常に大切ですが、それでも要求なんだか要件なんだかわからないことや、

働き方

チームに共通言語を促進するためのステップ

みなさんのチームには「特有の共通言語」がありますか?共通言語があるチームは、プロジェクトを迅速に進められるため、アウトプットの質が高い傾向にあります。先日、BacklogユーザーコミュニティのJBUGが岡山で開催され、「プロジェクト管理とツール」というお題で私も講演しました。その

アジャイル

チームで同じ景色を見続けるためのプロジェクト管理ツールの使い方

前回の連載では、チームビルディングを成功させるための方法として「チームで同じ景色を見続けること」と「そのために必要な2つの視点」をご紹介しました。本記事では、チームで同じ景色を見続けるためのより具体的な取り組みとして、プロジェクト管理ツールをチームビルディングで有効活用する方法を

アジャイル

チームで同じ景色を見続けるために知っておきたい2つのこと

チームビルディングを成功させ、チームのパフォーマンスを高めるためには「チームで同じ景色を見続けている」ことが何よりも重要です。本稿では、チームのパフォーマンスや成果物の質を高めるための手段として「チームで同じ景色を見続ける」ための2つのヒントと注意点について考察します。記事を

働き方

新しい取り組みを失敗させない「小さく計画を繰り返す方法」とは?

新しい取り組みをする上で、計画をいかに考えるかは重要なポイントです。前回の記事では、大きな計画ではなく最小限な計画にすることで効果が出るまでの期間の短縮、リスクの低減に繋がることをお伝えしました。本連載では、この最小限な計画の繰り返しを持続可能なものにして、組織に定着させ

働き方

新しい取り組みは大きな計画でなく「小さな計画」で考えよう

新しい取り組みをするときに予算や巻き込む人、望む成果もつい大きな計画で考えていませんか?新しい取り組みによるパフォーマンスの低下を防ぎ、効果がでるまでの期間を短くするためにも、できるだけ“計画を小さく考えること”が重要です。 そこで本記事では、新しい取り組みを大きな計画で考えるこ

働き方

新しい取り組みで協力者を巻き込む方法とは?

今回は、新しい取り組みで巻き込みたい関係者をフェーズに分けて正しく巻き込む方法をお届けします。記事を読むシリーズ連載 新しい取り組みをするときに知っておきたい「落とし穴」とは 新しい取り組みを成功させる!導入計画の考え方 新しい取り組みを正し

働き方

新しい取り組みを正しく評価する!段階に応じた評価の仕方

組織やチーム内の新しい取り組みを適切に「評価」できていますか? 本記事では、新しい取り組みを「評価」する際の注意点とその方法をご紹介します。新しい取り組みでは、評価は段階に応じて変えるべき理由を丁寧に解説します。記事を読むシリーズ連載 新しい取り組みをす

You cannot copy content of this page