プレゼン 事例

筑波大学で講義を担当しました

本年も筑波大学 enPiT で講義を担当させていただきました。内容は、プレゼンテーションについてです。本年で3回連続で担当をさせていただきました。本日はエバンジェリズム研究所の長沢氏(@tnagasawa )さんにプレゼンテーションの極意を講義していただいてい

アジャイル

Going Agile with Tools – #RSGT2020 セッション資料

Regional Scrum Gathering Tokyo 2020 DAY2 で講演させていただいたセッション資料です。アジャイルになるにあたってのツールとの付き合い方やツールを活用した際のイメージを共有するための資料です。資料で伝わらない部分は直接聞いてくださいませ。

事例

社内外コミュニティの立ち上げを支援

各位社内外へのコミュニティ立ち上げを実施された大橋様のレポートが公開されています。長沢智治は、第三者コンサルタントとして携わらせていただきました。引用大橋様の講演資料がとても参考になります: 1人で始めた技術コミュニティ活

お知らせ

DX時代の働き方へ向けたビジネスパーソン向けのアジャイル研修を開始

各位エバンジェリズム研究所では、ビジネスパーソンとチーム、組織向けのアジャイル研修を新たに構成して提供を開始いたしました。デジタルトランスフォーメーションでは、ツールや労務や人事の制度が注目されていますが、実際には仕事の進め方(計画と運営)、仕事に挑み続ける姿勢が大切

アジャイル

要件?要求?揺れる用語を整理する

要求なのか、要件なのか?「要件を詰めましょう」「要件定義をしましょう」「要求管理どうしてる?」といったようにソフトウェア開発の現場では要件や要求が飛び交います。現場では関係者間での共通認識を持つことが非常に大切ですが、それでも要求なんだか要件なんだかわからないことや、

メディア

心理的安全性についての対談記事

「心理的安全性」について CAMPFIRE のプロダクトマネージャの久津さんと対談した記事が公開されました。エバンジェリズム研究所では、対談や記事の執筆、関連した企業支援サービスを実施しています。ぜひお気軽にお声がけください。

アジャイル

スクラム研修で大事にしていること

スクラム研修を実施させていただいている際に大事にしていることをレポートとして note に書きました。スクラム研修とアジャイル支援について関心持っていただけましたら下記もご覧いただければ幸いです。スクラム研修アジャイル支援

働き方

Scrapbox の効果を図解してみた

Scrapbox の良さは「使ってみればわかる」「使い続けているとわかってくる」と言う方が多いと感じています。実際にその通りだと思うのですが、形式的なドキュメント共有、情報共有をしてきた人にとっては自由度が高く感じたりするようです。

You cannot copy content of this page